互いを結ぶ特別な品|代々受け継いだ指輪を新しい形にする方法!
教会

代々受け継いだ指輪を新しい形にする方法!

互いを結ぶ特別な品

指輪

誓い合った証

結婚にまつわる品物の中で婚約指輪と同じぐらい特別なものと言えば結婚指輪です。互いに既婚者であることを示すもので、日常的に身につける宝飾品と言えるでしょう。その特徴は派手では無いことです。婚約指輪のように華美なものではなく、日常生活の使用に耐えうるようにデザインは控えめなものが多くなります。ですが毎日使うものなのでそのデザインにはこだわりたいところです。結婚指輪には宝石を伴わない金や銀、白金といった素材のみのプレーンなデザインから、いくつか宝石をはめ込んだものまで色々とあります。基本的にペアリングとなるので夫婦間で一緒に選ぶと良いかもしれません。夫婦の間で機能性と装飾性について良く話し合い選ぶことは楽しい作業となるでしょう。

男性が支持するデザイン

男性と女性では装飾品に対する意識が異なるため、宝石つきのものにするか、宝石のついていないものにするか悩むかもしれません。そういうときには同じデザインで宝石のついているものとついていないものを購入すると良いでしょう。もし男性が宝石の華美な風合いに抵抗感があるなら、こうした結婚指輪の選び方も良い方法です。華美な風合いを出さずに宝石を嵌め込みたいのであれば、カットの形状をスクエアにすると良いでしょう。スクエアカットは光を反射しにくくシックな美しさを保ってくれるものです。その場合は女性側もスクエアカットの結婚指輪にすればお揃いのペアリングとなるでしょう。日常的に使用するものですから、購入する際には互いの考えをよく話し合っておくと良いと言えます。